英語: What’ ~の表現

What’ ~の表現

What is happening here? (どうしたっていうんだ。一体全体どうなってるのよ。) →予想していなかった状況にびっくりしているときに使う表現。

What’s happening? (調子どう?) →友だち同士でのカジュアルなあいさつの時に使う表現。

What’s going on? (どうしたの?) →サプライズパーティーをしてもっらった時などに使う表現。 「調子どう?」とカジュアルに挨拶するときにも使える。

 

What’s happening on Sunday? (日曜日になにがあるの?) →その時にあるイベントを訪ねる時に使える表現。

What’s happening on next week? (来週なにがあるの?)

What’s happening on next weekend? (来週末なにがあるの?)

 

英語: Can I + 動詞の原型

Can I + 動詞の原型~ (~してもいいですか?) →許可をもとめる表現

Can I stay a little longer? (もう少しここに滞在してもいいですか?)

Can I ask you a few questions? (少し質問してもいいですか?) →学校での授業中、ビジネスなどのプレゼンの後によく使われる表現。

I think I need a little more practice. (私にはもう少し練習が必要だと思うわ)

Can I teach you a little more? (わたしたち、もう少し教えてもいいでしょうか?)

Can I have a little more time? (もう少し時間をもらえますか?) →授業中、問題が解けましたか?と先生に質問されてまだ解けていない時などに使える表現。

Can I have more rice? (ごはんをもっといただけますか?) →ごはんをお代わりするときに使える表現。

 

 

英語: What+形容詞+名詞!

What+形容詞+名詞! (なんて~なの!) →驚きや感動を表わす表現

What a beautiful building! (なんてきれいな建物なの!)

What a wonderful day! (なんてすばらしい日なんだ!)

What a day! (なんて日なのよ!) → 「What+名詞!」形容詞がないパターン。会話の中でいい日なのか、悪い日なのかを読み取ること。

What a waste! (なんてもったいないことを!) →すっごーくもったいない!という気持ちがこもっている表現。

What a nightmare! (なんてことだあ!) →nightmare悪夢という意味。信じたくない悪いことが起きた時に使うフレーズ。

What a great idea! (なんてすばらしいアイディアなの!)

What a surprise! (まあ驚いたこと!)

What a small world! (なんてせまい世界なの!)

What a terrible musical! (なんてひどいミュージカルなの!)

 

英語: faultの表現

It’s all my fault. (すべてわたしのせいです)

 

It’s not my fault! (わたしのせいじゃないわよ!)

 

It’s Laura’s fault, not mine. (それってローラのせいよ、わたしのせいじゃない) →人の部分を入れ替えて言えるように練習するといいでしょう

It’s my sister’s fault, not mine. (それって妹のせいよ、わたしのせいじゃない)

It’s Audric’s fault, not my brother. (それってオードリックのせいよ、私の兄のせいじゃない)

It’s a teacher’s falut, not yours. (それって先生のせいよ、あなたのせいじゃない)

It’s all Paul’s fault, not yours. (それって全部ポールのせいよ、あなたのせいじゃない)

 

It was my fault. (私のせいでした) →過去のことを振り返り自分に非があったことを認めている表現なので”was”を使います

 

 

 

 

 

 

コーヒーとおこらない

昨日はエスプレッソをお昼ごはんの後に飲みました。

夜は9時ごろもう寝ていたと思います。

エスプレッソを飲むと気分転換になるのですよね。お口の中もさっぱりします。

美味しいものを少量がいいのかもしれません。

今日もお昼ごはんの後にエスプレッソを飲みました。

お昼ごはんがお肉だとコーヒー飲みたくなることが多いかな。

明日は動物性たんぱく質は摂らないで気持ちがどうなるか観察してみよう。

 

娘をおこらないと意識していましたが今朝きつい言い方で言ってしまった。ごめんね。

それからはおこることはなかったです。

朝は主人が出かけるまでに掃除やお弁当作り、朝食の準備を同時に行う集中する時間。

とっても有意義なトキであるし、一つの行動をするにも無駄がないようにテキパキするようにとーっても集中している。

そんな時間に娘のいたずらがはじまって、つい声のトーンが怖くなってしまった。

あー、「つい」っていけない。

おこらず、どうやって娘を説得するか、または違うことに意識を向けさせてやめてもらいたい行動をストップするか、これが必要。